社会学文献情報の蓄積システムの構築のための試験研究

平成14〜16年度文部科学省科学研究費補助金(基盤研究(B)(1);課題番号14310077)
本研究の一部は、第78回日本社会学会大会において研究発表を行いました。
 → 電子情報化の経験 ――「社会学文献情報データベース」にみる――

研究組織

研究代表者:板倉 達文(名古屋大学・大学院環境学研究科・教授)
研究分担者:三重野 卓(山梨大学・教育人間学部・教授)
研究分担者:浅野 慎一(神戸大学・発達科学部・教授)
研究分担者:藤田 栄史(名古屋市立大学・人間文化研究科・教授)
研究分担者:周藤 真也*(早稲田大学・社会科学総合学術院・講師)
研究分担者:田中 重人(東北大学・大学院文学研究科・講師)
研究分担者:菅野  剛*(日本大学・文理学部社会学科・講師)
研究分担者:間淵 領吾*(関西大学・社会学部・助教授)
研究分担者:河村 則行(名古屋大学・大学院環境学研究科・助教授)
研究分担者:久木元真吾*(家計経済研究所・研究員(研究職))
研究分担者:佐藤  裕(富山大学・人文学部・助教授)
研究分担者:岩本 健良(金沢大学・文学部・助教授)
研究分担者:老川  寛(広島国際学院大学・現代社会学部・教授)
研究分担者:安田  雪(社会ネットワーク研究所・所長(研究職))
研究分担者:田渕 六郎(名古屋大学・大学院環境学研究科・講師)

* 印の研究分担者は、平成16年度より参加。

※研究代表者・分担者の所属・職名は、平成17年3月現在のものです。


研究成果報告書

全文(付属資料を含む)[PDF:2.34MB]

※個別の章、付属資料(一部を除く)は、下記からもご覧いただけます。

目次

はじめに板倉達文1
第1章データベース構築の経緯と従来からのデータ収集の方法について岩本健良3
第2章文献データベースにおける名前のあいまい検索佐藤 裕20
第3章Web入力システムの開発田中重人25
第4章既登録文献情報確認調査の実施について周藤真也39
第5章社会学文献情報データベースの課題と今後の展望周藤真也44
あとがき三重野卓62

<付属資料>

1
データベース委員会規程
2
データベース委員会運用細則
3
「社会学文献情報データベース」利用規程
4
日本社会学会データベース小委員会答申(1993年12月)
5
「社会学文献情報データベース」データソース一覧
6
学術雑誌の国際化・情報化支援マニュアル
7
社会学文献情報データベース フィールド属性
8
内容分類コード表
9
社会学文献調査への回答方法(2005年1月)
10
社会学文献調査用紙 2005.1
11
既登録文献データ確認調査票(文献あり)の見本
12
既登録文献データ確認調査票(文献なし)の見本
13
「社会学文献情報データベース」データ入力マニュアル
14
「社会学文献情報データベース」全体校正マニュアル
15
雑誌・紀要等に収録された社会学関連情報の網羅的調査作業マニュアル